閉じる

選ばれる地域メディアになるために 読者と考える紙面委員会「デジタルで何を伝えるか」議論

 河北新報社は20日、第53回「読者と考える紙面委員会」を仙台市青葉区の本社で開いた。「デジタルで何を伝えるか」を主題に、仙台弁護士会の岩渕健彦弁護士、東北大大学院生命科学研究科長の杉本亜砂子教授、七十七リサーチ&コンサルティング(仙台市)の田口庸友首席エコノミストの3委員が、河北新報社が強化する「…

関連リンク

関連タグ

最新写真特集

ライブカメラ