閉じる

赤ちょうちんから寄付続け10年 「店ある限り」復興支援<ほっとタイム>

 東日本大震災の発生から12年になるのを前に、赤い大きな看板とちょうちんが目印の岩手県釜石市の居酒屋「ろばたや釜石店」が6日、売り上げの一部の3万8900円を市に寄付した。2014年以降、地道に続ける活動で今回で10回目。

 前年の宴会コースの利用客1人当たり100円を寄付する仕組みで、始めた当初は5…

関連リンク

関連タグ

最新写真特集

3.11大震災

復興再興

あの日から

ライブカメラ