閉じる

再処理事業 ともる黄信号 「設工認」止まらぬ原燃のミス 規制委は「審査打ち切り」におわす

 使用済み核燃料再処理工場(青森県六ケ所村)を巡り、日本原燃が目指す2024年度上期の「できるだけ早期」とする完工時期にとどまらず、事業自体にも黄信号がともり始めた。原子力規制委員会は、安全対策工事の詳細設計の認可(設工認)に関する審査でミスや不備を繰り返すばかりの原燃に業を煮やし、ついに「審査打ち…

関連リンク

関連タグ

最新写真特集

原発事故・放射線」

復興再興

あの日から

復興の歩み

ライブカメラ