閉じる

生活保護減額訴訟 裁判官の忌避、弁護団申し立て 仙台高裁

 国の生活保護費引き下げは生存権を保障する憲法に違反するとして、仙台市の元受給者の30代女性が市と国に減額処分の取り消しなどを求めた訴訟の控訴審で、女性の弁護団は24日、「裁判の公正を妨げる」として担当の陪席裁判官1人の忌避を仙台高裁に申し立てたと発表した。21日付。

 申立書によると、忌避対象は高裁…

関連リンク

関連タグ

最新写真特集

ライブカメラ