閉じる

ランプの宿 湯守のバトンは父から子へ 岩手・宮城内陸地震15年、湯浜温泉「三浦旅館」

 「ランプの宿」で知られる宮城県栗原市花山の湯浜温泉「三浦旅館」が1日、冬季休業を終えて今期の営業を始める。岩手・宮城内陸地震から15年目の春。「ランプの灯は消せない」と奔走した4代目主人三浦治さん(68)の傍らには今、8年前に帰郷した5代目の長男千空(ちひろ)さん(34)がいる。父から子へ、約15…

関連リンク

関連タグ

最新写真特集

ライブカメラ