閉じる

自閉症児の備え・安否確認に工夫を 仙台で「むすび塾」 環境変化への適応、親ら議論

宮城県自閉症協会の役員らが日頃の備えや安否確認方法について話し合ったむすび塾

 河北新報社は2日、通算111回目の防災ワークショップ「むすび塾」を仙台市青葉区の河北新報社で開いた。自閉症スペクトラム障害(自閉症)の子を持つ親でつくる宮城県自閉症協会の役員ら5人が参加。東日本大震災を振り返り、自閉症の人と家族の備えや、会員間の安否確認について話し合った。

 NPO法人自閉症ピアリンクセンターここねっとの黒沢哲常務理事(47)、仙台市泉区の桂連合町内会の山本寿充会長(62)が助言者として加わった。

 協会は県内の自閉症児者の親103人で構成。自閉症の人は日常の生活パターンが変わったり、大勢の人で騒々しい場所に行ったりするとパニックに陥りやすく、急な環境変化への対応が難しいとされる。

 役員都丸あさかさん(54)は「当時小学2年だった長男は地震の後、2時間泣き叫んだことがあった。水道が止まり、家で不自由な避難生活を送る中、苦し紛れに断水を絵で伝えたら通じた」と振り返った。

 黒沢さんは「どんな配慮が必要か、日頃の備えが重要になる。防災訓練を家族と一緒に体験し、慣れ親しんでおくことが有効だ」と助言した。

 町内会活動にデジタル技術を活用する山本さんは、グーグルフォームを使った簡単な安否確認システムを提案。「地区防災訓練では短時間で安否確認ができた。自閉症協会のネットワークに役立ててほしい」と語った。

関連リンク

関連タグ

最新写真特集

ライブカメラ