閉じる

処理水放出1週間 消費者、冷静な反応 流通や観光の現場に大きな変化なし

 東京電力福島第1原発の処理水海洋放出が24日に始まってから31日で1週間が過ぎた。地元の福島県内の消費者は「安全性を理解しており心配はない」と冷静な反応が多く、水産物の目立った買い控えは起きていない。ただ、30年程度続くと見込まれる放出は始まったばかり。関係者は今後の状況を注視する構えだ。

「今は世…

関連リンク

関連タグ

最新写真特集

3.11大震災

復興再興

あの日から

ライブカメラ