閉じる

対岸の青森・大間原発、重大事故時に「市民の命守れない」 30キロ圏提訴の北海道・函館市の事情は

 原発の運転や建設の差し止めを求める全国の訴訟で、過酷事故時の避難計画が焦点になっている。青森県大間町で電源開発(Jパワー)が建設する大間原発を巡る訴訟では、30キロ圏の北海道函館市が「住民を安全に避難させることは著しく困難」と主張。津軽海峡の対岸から一石を投じている。(青森総局・関根梢)

避難道の国…

関連リンク

関連タグ

最新写真特集

原発事故・放射線」

復興再興

あの日から

復興の歩み

ライブカメラ

みやぎ地域安全情報

宮城県警 みやぎセキュリティメールより