FAQ

大間原発の安全対策工事開始2年延期 審査長期化で 運転は30年度ごろ

 電源開発(Jパワー)は9日、建設中の大間原発(青森県大間町)について、2022年後半としていた安全対策工事の開始時期を2年延期すると発表した。着工の前提となる新規制基準適合性審査の長期化が主な要因。28年度ごろだった運転開始も2年先送りし、30年度ごろとした。東日本大震災後の延期は5回目。

 Jパワ…

残り 430文字

この記事は会員限定です。
登録すると続きをお読みいただけます。

仙台、宮城、東北の気になる話題を
圧倒的な情報量で!
今、河北新報IDに登録すると
すべての記事が読み放題です
(2023年1月17日まで)
今すぐ登録
全ての写真を見る >

関連タグ


企画特集

先頭に戻る