閉じる

<共に歩もう 東日本大震災12年>イチゴ栽培心残り 品堀 広志さん(66)

 東日本大震災の津波で、山元町の花釜地区にあった自宅とイチゴハウスを失いました。当時は建築業から農業に転身して3年目で、実の出来がとてもいい年でした。

 家族5人で町内の仮設住宅暮らしを経て、2013年に花釜地区に中古住宅を購入しました。近所に親戚や同級生が住んでいるので、やっぱり地元に戻って良かった…

関連リンク

関連タグ

最新写真特集

3.11大震災

復興再興

あの日から

ライブカメラ