閉じる

東電、処理水の3回目放出完了 トリチウム濃度異常なし

 東京電力福島第1原発にたまる処理水の海洋放出で東電は20日、2日に開始した3回目の放出を完了した。これまでと同様に7753トンを流し、周辺海域の海水や魚の放射性物質トリチウムの濃度に異常は確認されなかった。年内の放出は終了し、本年度最後となる4回目は年明け以降に実施する。

 東電によると19日午前、…

関連リンク

関連タグ

最新写真特集

ライブカメラ