閉じる

「無人店舗」仙台で相次ぎ開店 冷凍食品店や古着屋、運営コスト減らし低価格化

 仙台市内で店員が常駐しない「無人店舗」の新規開設が相次いでいる。キャッシュレス決済の普及や防犯システムの性能向上が、無人による運営を可能にしている。生産年齢人口の減少で人手不足が深刻な中、企業側は店舗運営コストを削減し、低価格の商品販売につなげようと知恵を絞る。(報道部・池田隆平)

「盗難被害は確認…

関連リンク

関連タグ

最新写真特集

ライブカメラ