【動画】「変なホテル仙台」館内を取材してみた フロントは無人、ホログラムが受け付け

「変なホテル仙台」9月1日開業

 最新技術を用いて接触機会を減らした宿泊施設「変なホテル仙台 国分町」が9月1日、仙台市青葉区一番町4丁目のアーケード街に開業する。東北初進出の館内を取材した。

 入り口やロビーは、杜の都仙台をイメージした竹林や海のプロジェクションマッピングが彩る。受け付けは無人で、壁面に投影された「光のホログラム」の武士や恐竜が操作を案内する。

 客室はダブル、ツイン、デラックスツインの3種類で、全146室。クローゼット型の衣類クリーニング機を全室に置くなど、幅広い客層に対応した。開業記念プラン料金は1泊7650円から。

 施設は鉄筋コンクリート一部鉄骨11階で、延べ床面積約5000平方メートル。JR仙台駅徒歩約20分、市地下鉄広瀬通駅徒歩1分。

 旅行会社エイチ・アイ・エス(HIS)のグループ会社HISホテルホールディングスが運営し、仙台は国内外で20カ所目となる。

技術を駆使し、人との接触機会を減らしたロビー=30日、仙台市青葉区一番町4丁目

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る