閉じる

投資や保証金などの名目で19回送金 仙台の50代男性、1130万円詐欺被害

 仙台南署は16日、仙台市太白区の50代男性会社員が投資名目の特殊詐欺で現金約1130万円をだまし取られたと発表した。

 署によると6月10日ごろ、スマートフォンの交流サイト(SNS)に投資グループからメッセージが届き、参加しようと連絡を取ると、投資を指導するという人物からサイトやアプリへの登録を促さ…

関連リンク

関連タグ

最新写真特集

ライブカメラ