閉じる

ナマコ1・3トン超、密漁した疑いで男女7人を現行犯逮捕 宮城県で過去最大規模の量

押収されたナマコ(宮城海上保安部提供)

 宮城海上保安部はナマコ約1・3トンを密漁したとして、漁業法違反などの疑いで、宮城県内の男女7人を9日に現行犯逮捕し、11日に送検した。宮城海保によると、県内で発生したナマコの密漁としては過去最大規模の量となる。

 逮捕されたのは宮城県利府町の無職の男(66)、会社員の男(49)、無職の女(61)、宮城県石巻市の無職の男(66)、養殖業手伝いの男(53)、無職の男(65)、宮城県東松島市の無職の男(54)の7容疑者。

 逮捕容疑は9日午後10時半ごろ、石巻市の石巻漁港付近の海域で、小型船に乗り潜水具を使ってナマコ1346・8キロ(約545万円相当)を密漁した疑い。

 情報提供を受けて監視していた海上保安官が、陸揚げをした松島町内で逮捕した。

関連リンク

関連タグ

最新写真特集