閉じる

宮城県が東北で最も遅く「がん条例」制定へ 年度内提案へ議会で検討本格化

 がん対策の推進を目的とする条例の制定に向け、宮城県議会が本格的に動き出した。年度内の議員提案を目指す会派横断の検討会が16日、専門家の意見を聞いた。東北では最も遅い条例制定となるだけに、検討会は先行県を参考にしながら実効性の高い内容を目指す。(編集部・関川洋平)

「県の責務」項目にも注目

 橋本省県医…

関連リンク

関連タグ

最新写真特集

ライブカメラ