閉じる

第3部・震災の影(7)消えぬ隙間 静かな危険、避難鈍く

 「2階に避難してください」

 台風19号が宮城県に接近した昨年10月12日午後10時ごろ。石巻市塩富町の行政区長雁部金次郎さん(71)は住民らに垂直避難を呼び掛け始めた。市内全域への避難勧告から4時間半、洪水警報発令から3時間が過ぎていたが、地区の三十数世帯のほとんどが自宅に残っていた。

 「早めの避…

残り 981文字

このページは有料記事です。まずは無料でID登録を!

河北新報ID登録で
1日1本の有料記事が読める!!
今すぐ申し込む

関連リンク

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

最新写真特集