今季不漁も伝統つなぐ 石巻・焼きハゼ作り

 正月の仙台雑煮に欠かせない焼きハゼ作りが、石巻市沢田地区で最盛期を迎えている。

 ハゼを焼くのは漁業阿部喜一さん(78)。万石浦で取った17~20センチほどのハゼを1匹ずつ串に刺し、尾びれや背びれの形を整えて丁寧に焼き場に並べた。炭火を調整したり、串を回して焼き加減を見たりしながら約1時間かけて焼き…

残り 154文字

このコンテンツは有料です。申し込むと続きをお読みいただけます。

有料プランご契約で
すべてのコンテンツが読み放題‼
今すぐ申し込む

関連リンク

関連タグ

関連動画

河北新報のメルマガ登録はこちら

最新写真特集

ライブカメラ