今季不漁も伝統つなぐ 石巻・焼きハゼ作り

炭火でじっくりと焼き上げられるハゼ

 正月の仙台雑煮に欠かせない焼きハゼ作りが、石巻市沢田地区で最盛期を迎えている。

 ハゼを焼くのは漁業阿部喜一さん(78)。万石浦で取った17~20センチほどのハゼを1匹ずつ串に刺し、尾びれや背びれの形を整えて丁寧に焼き場に並べた。炭火を調整したり、串を回して焼き加減を見たりしながら約1時間かけて焼き上げると、ハゼは艶のあるあめ色に輝いた。

 この数年、ハゼの不漁が続いており「今季はこれまで経験がないほどの不漁だった」と阿部さん。そのため、焼きハゼには昨季水揚げされた冷凍物も使用しているという。

 阿部さんは「正月に欠かせない食材で、楽しみにしている人も多い。伝統を守るためにも続けていきたい」と話していた。

関連タグ

関連動画

河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る