閉じる

凍てつく朝ひりひり 大崎・古川で氷点下17.6度など 5地点の観測史上最低更新(9日)

 宮城県内は9日朝、冬型の気圧配置による強い寒気の流れ込みと放射冷却の影響で、5地点で観測史上最も低い気温を記録した。

 最低気温の更新は、大崎市古川の氷点下17・6度、仙台市新川同16・3度、栗原市駒ノ湯同15・5度、大崎市川渡14・3度、塩釜同9・6度。

 このほか登米市米山で同15・3度、栗原市築…

残り 223文字

このページは有料記事です。まずは無料でID登録を!

河北新報ID登録で
1日1本の有料記事が読める!!
今すぐ申し込む

関連リンク

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

最新写真特集