FAQ

58年の思い出、胸に刻む 浄土ケ浜遊覧船が運航終了 宮古

 三陸を代表する景勝地、岩手県宮古市浄土ケ浜の観光遊覧船が11日で運航を終えた。1962年の開業から58年。大勢の乗船客が最後の思い出を胸に刻んだ。

 同日は4便が運航され、計263人がクルーズを楽しんだ。盛岡市の会社員藤村なぎささん(30)は家族6人で初めて乗船。「海から見た浄土ケ浜は絶景だった。い…

残り 287文字

この記事は会員限定です。
登録すると続きをお読みいただけます。

仙台、宮城、東北の気になる話題を
圧倒的な情報量で!
今、河北新報IDに登録すると
すべての記事が読み放題です
(2023年1月17日まで)
今すぐ登録

関連タグ


企画特集

先頭に戻る