福島・大熊町でウオーキングイベント 坂下ダム集落跡など歴史や風景に思い寄せる

 東京電力福島第1原発事故で一部地区の避難指示が解除された福島県大熊町で11日、ウオーキングイベントがあった。東日本大震災から9年10カ月。避難先から駆け付けた町民ら約120人が、古里の埋もれた歴史や風景に思いを寄せた。

 参加者は町役場をスタートし、約2キロ先の坂下ダムを目指した。間隔を開けて歩くな…

残り 249文字

このコンテンツは有料です。申し込むと続きをお読みいただけます。

有料プランご契約で
すべてのコンテンツが読み放題‼
今すぐ申し込む

関連リンク

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

最新写真特集

原発事故・放射線」

復興再興

あの日から

復興の歩み

ライブカメラ