中心は「図書広場」すり鉢状書架に5万冊 福島・大熊の新校舎基本設計案

 福島県大熊町教委は、東京電力福島第1原発事故の避難指示が解除された大川原地区に2023年度開設する幼保施設一体型義務教育学校について、校舎の基本設計案をまとめた。すり鉢状の書架を備えた図書室「図書ひろば」を校舎の中心に据えたのが特徴。公立小中学校では国内最大規模の蔵書5万冊を目指す。

 校舎は鉄筋2…

残り 504文字

このコンテンツは有料です。申し込むと続きをお読みいただけます。

有料プランご契約で
すべてのコンテンツが読み放題‼
今すぐ申し込む

関連リンク

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

最新写真特集

3.11大震災

復興再興

あの日から

復興の歩み

ライブカメラ