遺児(3)赤間仁美さん 教壇から「備え」伝える

 「東日本大震災を振り返るのは先生も苦しい。でも、みんなに伝えたい。命はかけがえのないものだから」

 昨年12月中旬、横浜市金沢区の市立大道(だいどう)小。社会の授業で、4年2組担任の赤間仁美さん(25)が25人の児童に語り掛けた。

 赤間さんは宮城県名取市閖上地区の出身だ。高校1年の時に震災に遭った。…

残り 1004文字

このコンテンツは有料です。申し込むと続きをお読みいただけます。

有料プランご契約で
すべてのコンテンツが読み放題‼
今すぐ申し込む

関連リンク

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

最新写真特集

ライブカメラ