暴風雪の東北道で多重事故 1人死亡2人重傷 宮城・大崎

暴風雪による多重事故で大破した車両=19日午後4時20分ごろ、大崎市古川の東北自動車道下り線(写真の一部を加工しています)
多重事故で立ち往生する車両の列=19日午後5時

 19日正午ごろ、宮城県大崎市古川の東北自動車道下り線で、乗用車やトラックなどの多重事故が発生した。宮城県警高速隊によると、複数台の車両が相次いで衝突したとみられ、乗用車を運転していた岩手県一関市久保、無職須藤美洋さん(65)が死亡した。現場周辺は事故発生時、吹雪で視界が悪い状態だったという。

 同隊によると、須藤さんを含む男女18人が大崎市などの医療機関に搬送された。うち2人は重傷。

 事故に関係する車両は約140台に上り、東北道古川インターチェンジ(IC)周辺で身動きが取れなくなり、最長約1キロにわたり連なったとみられる。関係車両は同日中に全て移動した。

 現場周辺は事故時、走行速度が50キロに規制されていた。事故の影響で、東北道は大和-築館IC間で、上下線が通行止めになった。

 仙台管区気象台によると、大崎市古川周辺で19日午前3~6時ごろ、約5センチの降雪が確認され、午前11時56分に最大瞬間風速27・8メートルを記録した。周辺で降り積もった雪が強風にあおられ、地吹雪が発生した可能性があるという。

 政府は首相官邸の危機管理センターに情報連絡室を設置した。

吹雪の東北道で多重事故 140台関係、計18人搬送1人死亡

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る