東北道多重事故、50台に衝突痕 通行止め12時間後に解除

前部が破損した事故関係車両=20日午前10時ごろ、大崎市古川の東北道長者原SA(写真の一部を加工しています)

 宮城県大崎市古川の東北自動車道下り線で19日昼に起きた多重事故で、東北道の大和-築館インターチェンジ間の上下線の通行止めが、事故発生から約12時間後の19日深夜に解除された。

 宮城県警高速隊によると事故は19日正午ごろ発生。トラックや乗用車など複数台が相次いで衝突したとみられ、乗用車を運転していた一関市久保、無職須藤美洋さん(65)が全身を強く打ち死亡した。現場周辺は事故発生時、吹雪で視界が悪い状態だったという。

 須藤さんを含む男女19人が大崎市などの病院に搬送された。うち2人は重傷。

 事故に伴い、一時身動きが取れなくなった車両は141台で、うち約50台に衝突によるとみられる損傷が確認された。関係車両は19日夜までに全て移動した。

 一部の車両は現場から約4キロ北の東北道長者原サービスエリア(SA)にレッカー車で運ばれた。同SAの駐車場では20日朝、車体が壊れたトラックや乗用車など十数台が並び、時折、運転手とみられる人物の姿が見られた。

暴風雪の東北道で多重事故 1人死亡2人重傷 宮城・大崎

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る