大崎・古川学園高、一般入試を中止 コロナ感染防止

 宮城県大崎市の古川学園高は23日実施予定だった一般入試の筆記試験と面接を、新型コロナウイルスの感染拡大予防のため中止にした。合否は調査書などの書類審査で決め、29日に発表する。

 同校によると、数人の在校生に発熱があり21日にPCR検査を受けた。同校は22日に感染リスクを最小限に抑えるため入試の中止を決定し、出願者890人にメールや学校を通じて連絡した。

 検査を受けた在校生は23日午前、全員陰性だったと判明した。本田敦久教頭は「受験生の健康と安全を最優先に考えた。苦渋の決断だった」と話した。

河北新報のメルマガ登録はこちら
新型コロナ関連

企画特集

先頭に戻る