殻付き活ガキ、シンガポールへの輸出可能に 宮城県、申請受け付け開始

殻付きのカキ(記事とは関係ありません)

 宮城県産殻付き活(かつ)ガキのシンガポールへの輸出が可能になり、県は1日、輸出を希望する業者を対象に、輸出衛生証明書に関する申請書類の受け付けを始めた。検疫が厳しい同国から、輸出に関する衛生管理プログラムの承認を受けた。同国の承認は三重、大分に続き3県目。

 申請には(1)県のホームページで取得できる専用書類(2)採取海域や数量を確認できる販売証明書(3)「生かきの取り扱いに関する指導指針」で定めた水質、衛生基準を証明できる試験検査書-などが必要となる。

 業者から書類を受け付けた県が同国政府に申請し、数日内に承認される流れ。輸出の度に書類を提出する必要がある。国の規制値を超える貝毒やノロウイルスが検出されている海域産のカキに、証明書は交付されない。

 シンガポールは検疫が厳しく、これまで活ガキの輸出は認められていなかった。県が独自にまとめた衛生管理プログラムが昨年6月に認可され、輸出の準備を進めてきた。

 県内では台湾やベトナムに冷凍の殻付きカキを輸出する業者もいるが、海外はカキの生食が主流。富裕層が多いシンガポールでも需要が高まっているという。

 県水産業基盤整備課は「人口減少が進んで国内市場は縮小していく。海外輸出は多様な販路を築く選択肢の一つになる」と関心の高まりを期待する。

 輸出手続きに関する連絡先は同課022(211)2943。

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る