閉じる

手合わせ前へ進む 福島・双葉で10年の節目「墓じまい」

 東京電力福島第1原発事故の影響で住民避難が続く福島県双葉町で5日、地区の共同墓地を閉じる「墓じまい」があった。東日本大震災と原発事故から間もなく10年。避難先から集まった住民らは静かに手を合わせ、先祖代々の墓地に別れを告げた。

 廃止されるのは中浜と中浜南川原の2カ所。計約80世帯の墓があり、行政区…

残り 326文字

このコンテンツは有料です。申し込むと続きをお読みいただけます。

有料プランご契約で
すべてのコンテンツが読み放題‼
今すぐ申し込む

関連リンク

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

最新写真特集

原発事故・放射線」

復興再興

あの日から

復興の歩み

ライブカメラ