FAQ

宮城知事が福島第1原発を初視察 「処理水の不安解消を」

 村井嘉浩宮城県知事は24日、過酷事故を起こした東京電力福島第1原発(福島県大熊町、双葉町)を初めて視察した。廃炉作業の現場や敷地内にたまり続ける放射性トリチウムを含む処理水の保管状況を確認。東電の小早川智明社長とも会談し、政府が検討する処理水の自然界放出に対する県民の不安解消に向け、積極的に説明す…

残り 519文字

この記事は会員限定です。
登録すると続きをお読みいただけます。

仙台、宮城、東北の気になる話題を
圧倒的な情報量で!
今、河北新報IDに登録すると
すべての記事が読み放題です
(2023年1月17日まで)
今すぐ登録
原発事故・放射線」

復興再興

あの日から

復興の歩み


企画特集

先頭に戻る