新型コロナ 青森で40人が感染、黒石の病院でクラスター

新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真(米国立アレルギー感染症研究所提供)

 青森県は10日、弘前保健所(弘前市)管内の10~70代と80代以上の男女40人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。1日当たりの感染発表としては過去最多。県内の感染確認は計790人となった。

 新規感染者のうち38人は、黒石市にある「黒石あけぼの病院」の入院患者27人と職員11人で、残る2人は知人ら濃厚接触者。いずれも重篤ではない。県はクラスターが発生したと認定した。

 同病院では9日、医療従事者の50代女性の感染が判明。女性を含むクラスターの39人は全員、同じ病棟に関わっていた。

 また県は、新型コロナに感染して入院中だった五所川原保健所(五所川原市)管内の70代女性が死亡したと明らかにした。県内の感染者死亡は計14人。

河北新報のメルマガ登録はこちら
新型コロナ関連

企画特集

先頭に戻る