警報級の雨風に注意を 仙台管区気象台、宮城と福島に呼び掛け

雨に備え屋根瓦をブルーシートで覆う住民=15日午前、相馬市黒木

 仙台管区気象台は15日、発達する低気圧などの影響で、宮城、福島両県で15日から16日にかけて警報級の大雨や暴風などの恐れがあると発表した。最大震度6強を観測した地震で地盤が緩み、土砂災害が発生する恐れがあり、警戒を呼び掛けている。

 気象台によると、16日午前6時までの24時間予想降水量は、宮城県と福島県の中通りと浜通りの多いところで80ミリ。最大瞬間風速は宮城県の海上と陸上、福島県の海上と浜通りの陸上、中通りなどで30メートルとなる見込み。

 気象台などは14日、地震で地盤が緩んでいるため、宮城、福島両県などの一部自治体の大雨警報・注意報、土砂災害警戒情報の発表基準を引き下げた。

 気象台は「暴風による建物被害や低い土地への浸水、河川の増水などに注意してほしい」としている。

 荒天に備え、JR東日本は15日夕方以降、東北線福島―白石間、常磐線原ノ町―仙台間、仙山線愛子―山形間で列車本数を減らして運転する。

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る