仙台市西部も断水へ 地震で住宅から灯油流出 塩釜市全域と多賀城市の一部も

 仙台市水道局は16日、青葉区の大倉川で灯油のような臭いが確認され、同区の国見、中原両浄水場で取水を停止したと発表した。13日夜の地震で、上流域の民家から灯油が流出したのが原因とみられる。国見浄水場経由で、大倉川の水を取水する塩釜市は市全域が断水した。仙台市も一部地域で17日未明から朝にかけ断水する見通しとなった。

 塩釜で断水したのは約2万1000戸。同市から給水を受ける多賀城市でも約2600戸に影響が出た。

 仙台市の断水時間は17日午前0〜8時の見通し。対象は青葉区が上愛子、下愛子、愛子東、落合、栗生、郷六、赤坂、芋沢、みやぎ台、高野原、愛子中央、折立、八幡7丁目の各地区。太白区は秋保町馬場、長袋、境野地区。1万8600戸程度に影響するとみられ、水道局は応急給水所の開設を進めた。

 水道局によると16日午前9時半ごろ、国見、中原両浄水場の職員が取水した水の臭気検査を行い、灯油のような臭いを確認し、同10時ごろ水道水の供給を停止した。浄水処理後の水は異臭が検出されなかった。

 水道局は両浄水場の上流域を調査。大倉ダムと大倉川取水口の約2キロの流域にある民家で、灯油を保管するホームタンクの配管が外れていた。13日夜の地震で破損したとみている。

 両浄水場の施設内を洗浄し、浄水処理前と処理後の水から臭いが消えれば取水と供給を再開する方針。17日午前8時までに復旧作業が完了すると見込んだ。

 国見浄水場は約11万3000戸、中原浄水場は約3万2000戸に供給する。水道局は復旧まで大倉川を水源としない茂庭浄水場(太白区)、福岡浄水場(泉区)の供給量、宮城県広域水道からの受水量を増やして対応したが、中原浄水場の供給エリアの一部で断水する可能性が高まった。

 塩釜市は大倉川の水を取水口から共同導水施設で国見浄水場に送り、浄水場内で分離して、単独導水管で市内の梅の宮浄水場まで運ぶ。塩釜市はこのルートの水が供給量の9割近くを占めるという。

 詳しい対象地域は仙台市水道局などのウェブサイトで。

仙台市水道局公式ウェブサイト
塩釜市ウェブサイト
多賀城市ウェブサイト

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る