震災の追悼式、女川町が開催へ

 宮城県女川町は19日、東日本大震災の追悼式を3月11日に町総合体育館で開くと発表した。昨年は新型コロナウイルスの影響で式を中止し、自由献花のみ実施した。
 1時間程度の予定で、内容は遺族代表のあいさつや献花など。感染対策で参列者は2019年の約半数の400人とし、座席の間隔を空ける。マスク着用や会場入り口での検温を求め、受付表に氏名と連絡先を記してもらう。
 式の様子は動画投稿サイト「ユーチューブ」などで生配信する。町役場前の慰霊碑にも献花台を設ける。

3.11大震災

復興再興

あの日から

復興の歩み

先頭に戻る