宮城県民会館大ホール、5月末まで休止 震度6強で内壁落下

 宮城県は22日、最大震度6強を記録した13日深夜の地震で被災した東京エレクトロンホール宮城(県民会館、仙台市青葉区)の大ホールを5月31日まで利用休止にすると発表した。天井や内壁の計21カ所で被害が確認され、補修工事が必要となった。

 指定管理者の県文化振興財団によると、天井と内壁の接ぎ目などが損傷…

残り 98文字

このコンテンツは有料です。申し込むと続きをお読みいただけます。

有料プランご契約で
すべてのコンテンツが読み放題‼
今すぐ申し込む

関連リンク

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

最新写真特集