FAQ

フクシマのチョウ、被ばくの影響は? 琉球大研究者が追跡、HPで公開

 福島県出身でチョウの研究を通して東京電力福島第1原発事故に伴う放射能の生物影響を調べている琉球大の女性研究者が、「フクシマプロジェクト」と題したホームページ(HP)を公開している。

 プロジェクトは、同大理学部の大瀧丈二准教授の研究室が2011年5月から取り組んでいる。福島県内のヤマトシジミの検体か…

残り 459文字

この記事は会員限定です。
登録すると続きをお読みいただけます。

仙台、宮城、東北の気になる話題を
圧倒的な情報量で!
今、河北新報IDに登録すると
すべての記事が読み放題です
(2023年1月17日まで)
今すぐ登録

関連タグ

原発事故・放射線」

復興再興

あの日から

復興の歩み


企画特集

先頭に戻る