FAQ

避難先から「戻らない」大熊59・5%、浪江54・5% 復興庁住民意向調査

 復興庁は19日、東京電力福島第1原発事故の避難区域を抱える福島県大熊、浪江両町の住民意向調査結果を公表した。「戻らない」との回答は5~6割で、2019年の前回調査と比べてほぼ横ばい。既に帰還した住民は微増した。

 大熊町の「戻らない」は59・5%で、前回比0・4ポイント減。「戻りたい」は9・6%(1…

残り 482文字

この記事は会員限定です。
登録すると続きをお読みいただけます。

仙台、宮城、東北の気になる話題を
圧倒的な情報量で!
今、河北新報IDに登録すると
すべての記事が読み放題です
(2023年1月17日まで)
今すぐ登録

関連タグ

原発事故・放射線」

復興再興

あの日から

復興の歩み


企画特集

先頭に戻る