FAQ

震度6強地震 新幹線被害940ヵ所 郡山-仙台間に8割集中

 宮城、福島両県で震度6強を記録した13日夜の地震で、JR東日本は26日、東北新幹線の那須塩原-一ノ関間で、設備の被害が約940カ所に上ったと発表した。震源の福島県沖に近い郡山-仙台間で約8割と被害が集中した。

 被害の主な内訳は架線を固定する金具の損傷が約550カ所、レールのずれが約220カ所、線路…

残り 360文字

この記事は会員限定です。
登録すると続きをお読みいただけます。

仙台、宮城、東北の気になる話題を
圧倒的な情報量で!
今、河北新報IDに登録すると
すべての記事が読み放題です
(2023年1月17日まで)
今すぐ登録

関連タグ


企画特集

先頭に戻る