ワクチン情報「大本営発表のよう」 宮城知事、知事会で苦言

ワクチン接種の迅速な情報提供を訴える村井知事

 全国知事会の新型コロナウイルス緊急対策本部会議が27日、ウェブ形式であり、村井嘉浩宮城県知事はワクチン接種に関する迅速な情報提供を政府に要望するよう求めた。全国で停止中の観光支援事業「Go To トラベル」は地域を絞った上での再開を訴えた。
 村井知事は県庁からオンラインで参加。政府が発表する直前までワクチンの供給量や接種日程の詳細が伝えられない現状を説明。「大本営発表のようで、医師会などからも苦情が出ている。早め早めに情報を提供してほしい」と強調した。
 GoToについては「地域によって患者の発生数が落ち着いた場所がある。全国一斉ではなく感染者数に応じて再開することがあってもいい」と述べた。
 終了後の取材に、「混乱を生じさせたくないのは分かるが、ワクチン接種に関する情報の提供が慎重すぎる。目安でもいいので伝えてほしい」と指摘した。

河北新報のメルマガ登録はこちら
先頭に戻る