子育て支援情報を一本化 仙台市が専用サイト開設

アプリ版「せんだいのびすくナビ」のトップ画面

 仙台市は子育てに役立つ情報を発信する専用サイト「せんだいのびすくナビ」を開設した。子育て関連の行政サービスや施設情報、イベント情報などをまとめて案内する。子どもの成長を記録したり、通知が届いたりする機能があるアプリ版も制作し、ウェブ版と共に利用を呼び掛けている。
 行政サービスは「届出」「健康」「おかね」「あずける」など7分野の一覧と「妊娠前半」~「6歳(就学後)」までの時期に応じた一覧から検索でき、予防接種や乳幼児検診などの概要や申請手続き、期限、費用などの詳細を紹介する。
 施設情報は幼稚園や保育施設、小中学校、児童館、子育て支援施設などを一覧表示するほか、探したい地区と施設の種類を選択すれば、所在地が地図に表示される機能がある。イベント情報は月間予定のほか、地区と子どもの年齢を選んで案内することもできる。
 妊娠、出産に関する相談機関、市子育て相談支援センターや児童相談所などの相談窓口、ひとり親世帯や子どもの発達、虐待、非行、いじめなどに関する相談・支援窓口も紹介する。
 アプリ版には子どもの体重や身長、日記や画像を1日ずつ記録できる「カンタン母子手帳」、子どもの年齢に応じたお知らせなどが通知される機能がある。アプリ「子育てタウン」をダウンロードし、居住地の郵便番号を入力すると「のびすくナビ」として使える。
 ウェブ版は、掲載のQRコードでアクセスできる。

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら
先頭に戻る