軌跡(4)宮古・玉沢邦彦さん 両親の米穀店、復活が夢

 かつての街並みが、ふとグラウンド上によみがえる瞬間がある。岩手県宮古市田老地区の会社員玉沢邦彦さん(51)の自宅は田老野球場の三塁ベース付近にあった。

 野球場は東日本大震災の津波で被災し、2016年に移転、再建された。一帯は家々がひしめき、住民たちの笑顔が交差していた。地域ぐるみの愛情を受けて玉沢…

残り 961文字

このコンテンツは有料です。申し込むと続きをお読みいただけます。

有料プランご契約で
すべてのコンテンツが読み放題‼
今すぐ申し込む

関連リンク

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

最新写真特集

ライブカメラ