東松島で先月発見の遺体、震災不明女性と判明 宮城県警

 石巻署は4日、東松島市野蒜で2月17日に白骨化した遺体が見つかり、東日本大震災で行方不明になっていた東松島市野蒜の奥山夏子さん=当時(61)=と判明したと発表した。

 遺体は海岸付近の会社敷地内で発見され、地中に埋もれた状態でほぼ全身の骨が残っていた。従業員が地表面で頭の骨を見つけて通報し、宮城県警がDNA鑑定と歯型の照合で身元を特定した。

 奥山さんは震災当時、市内の宮戸地区のノリ店に勤めていた。地震後に自宅へ戻る途中で津波に遭ったとみられ、夫が行方不明届を出していた。遺骨は後日、遺族に引き渡される。

 奥山さんの長男は県警を通じ「見つけていただいた方に感謝したい。気持ちに整理をつけ、前を向くことができる」との談話を出した。

 県警は「震災から間もなく10年を迎え、県内では1200人以上の方が行方不明のまま。今後も要望や情報を基に捜索を続ける」とコメントした。

河北新報のメルマガ登録はこちら
3.11大震災

復興再興

あの日から

復興の歩み


企画特集

先頭に戻る