釜石・鵜住居スタジアム、民営化は23年度以降 コロナで見通し立たず

 ラグビーワールドカップ(W杯)で会場の一つとなった岩手県釜石市の釜石鵜住居復興スタジアムの利活用策を検討する運営委員会が4日夜、開かれた。市は民営化を前提にした運営体制の移行は、当初目標にしていた2021年度から23年度以降に延びるとの見通しを示した。

 現在、市直営のスタジアムは、公益性を保ちつつ…

残り 555文字

このコンテンツは有料です。申し込むと続きをお読みいただけます。

有料プランご契約で
すべてのコンテンツが読み放題‼
今すぐ申し込む

関連リンク

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

最新写真特集

ライブカメラ