閉じる

住宅被害3128戸に拡大 震度6強、宮城県内の被害132億円超す

 最大震度6強を記録した2月13日夜の地震で、宮城県は5日、県内の被害状況をまとめた。住宅被害は23市町で計3128戸。前回発表(2月26日)の2・6倍に拡大した。岩沼市で2戸の全壊が判明。スポーツ施設や廃棄物処理施設の被害も分かり、県全体の概算被害額は132億円を超えた。

 5日午後1時現在、負傷者…

関連リンク

関連タグ

最新写真特集

ライブカメラ