FAQ

(5完)ADRを担当、住民の実態訴える

弁護士 平岡路子(38)=富山県滑川市

 「法律は知っている人の味方でしかない」との母の言葉で弁護士を志し、司法過疎地での勤務を希望した平岡路子(38)は2013年の福島県相馬市着任後、すぐに被災者の裁判外紛争解決手続き(ADR)を担当することになった。

 同市玉野地区の9割の139世帯419人が、国の…

残り 1009文字

この記事は会員限定です。
登録すると続きをお読みいただけます。

仙台、宮城、東北の気になる話題を
圧倒的な情報量で!
今、河北新報IDに登録すると
すべての記事が読み放題です
(2023年1月17日まで)
今すぐ登録

企画特集

先頭に戻る