FAQ

渡辺利綱さん(前福島県大熊町長)国・東電の対応、先行きが不安

 <町長在任中、東京電力福島第1原発事故で全町避難した。2019年4月に町の一部が避難解除され、役場庁舎を避難先の会津若松市から戻した>
 1万超の町民の生命と財産を守る責務の重さを感じた。最大の出来事は町内の帰還困難区域に中間貯蔵施設を受け入れた時(14年12月)。町民の意見は「絶対反対」「条件次第…

残り 1219文字

この記事は会員限定です。
登録すると続きをお読みいただけます。

仙台、宮城、東北の気になる話題を
圧倒的な情報量で!
今、河北新報IDに登録すると
すべての記事が読み放題です
(2023年1月17日まで)
今すぐ登録
全ての写真を見る >
3.11大震災

復興再興

あの日から

復興の歩み


企画特集

先頭に戻る