割り増し商品券の補助金、26日まで申請受け付け 仙台市

 仙台市は8日、新型コロナウイルスの影響で冷え込んだ地域経済の需要喚起策として、独自に割増率25%の商品券を発行・販売する市内の商店街振興組合などに交付する補助金の申請受け付けを始めた。
 商品券は1000円券10枚(1万円分)を8000円で販売し、8月31日までに利用してもらう。市は割り増し分や事務経費を補助対象にする。申請期間は3月26日まで。期間中に事前相談して申請書類を受け取り、申し込む。4月1日以降に交付決定する。
 青葉区国分町周辺エリアでは、市の支援を得て割増率50%の商品券を発行・販売する準備が進んでいる。
 連絡先は市地域産業支援課商業振興係022(214)1001。

河北新報のメルマガ登録はこちら
新型コロナ関連
先頭に戻る