悼む心 風船で空に 仙台・荒浜小で卒業生ら

荒浜小の校庭で一斉に風船を飛ばす参加者=午後3時15分ごろ

 東日本大震災の犠牲者に思いをはせるイベント「HOPE FOR project」が11日、仙台市若林区の震災遺構「荒浜小」であった。亡き人や古里を懐かしむ思いを込め、集まった人々が約1000個の風船を空に手向けた。

 荒浜小や七郷小、七郷中の卒業生有志でつくる実行委員会が開いた。荒浜地区の元住民やバスケットボール男子、B2仙台の選手らがヒマワリや百日草の種を入れた風船を飛ばした。

 B2仙台を運営する仙台89ERSの志村雄彦社長は「これからの10年、20年もバスケを通して、荒浜や仙台の皆さんと活動したい」と語り、被災者に寄り添い続ける姿勢を示した。

 津波で荒浜地区の自宅と実家が流された佐々木重則さん(39)は「風船には亡くなった友人の鎮魂の思いを込めた。若い世代にかつての荒浜の街並みと震災があったことを伝えたい」と話した。

 例年はミュージシャンによる演奏も行われるが、今年は新型コロナウイルス感染防止のため、荒浜出身の音楽家佐藤那美さんらの映像をオンライン配信した。

河北新報のメルマガ登録はこちら
3.11大震災

復興再興

あの日から

復興の歩み


企画特集

先頭に戻る