FAQ

3県の被災企業、休廃業34.7% 帝国データ5000社追跡調査

 東日本大震災で特に大きな被害を受けた岩手、宮城、福島3県の沿岸部などに本社があった5004社を対象とした帝国データバンク仙台支店の追跡調査で、2月までに休廃業した企業は1737社(34・7%)に上った。昨年同月時点より28社増加。事業承継が進まず休廃業が増える中、新型コロナウイルスの感染拡大の影響…

残り 636文字

この記事は会員限定です。
登録すると続きをお読みいただけます。

仙台、宮城、東北の気になる話題を
圧倒的な情報量で!
今、河北新報IDに登録すると
すべての記事が読み放題です
(2023年1月17日まで)
今すぐ登録
3.11大震災

復興再興

あの日から

復興の歩み


企画特集

先頭に戻る