防災庁舎を見上げ祈る 「悲しみ 悔しさ変わらない」

 東日本大震災の津波で町職員ら43人が死亡・行方不明となった宮城県南三陸町の防災対策庁舎。10年を迎えた11日、遺族や友人、町職員の同僚があの日から重ねた歳月を振り返り、大切な人に手を合わせた。「10年たった今でも通過点」「気持ちに折り合いをつけようと庁舎を訪れた」-。さまざまな思いが交錯した。

 「…

残り 904文字

このコンテンツは有料です。申し込むと続きをお読みいただけます。

有料プランご契約で
すべてのコンテンツが読み放題‼
今すぐ申し込む

関連リンク

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

最新写真特集