「キビタンイエロー」鮮やかに 福島県産カラーの切り花新品種、名称決定

福島県が開発したカラーの新品種「キビタンイエロー」
福島県のマスコットキャラクター「キビタン」

 福島県は15日、切り花として人気のあるカラーの新品種を県農業総合センター(福島県郡山市)で開発し、名称を「キビタンイエロー」と決めたと発表した。県のマスコットキャラクター「キビタン」をほうふつとさせる鮮やかな黄色が特長で、県は婚礼用や贈答用の需要が高いと見込む。

 県は2004年に新品種の開発を始めた。既存品種を掛け合わせ、花の色や形など長所が伸びるよう試験栽培を重ねた。約5000種類の掛け合わせから、最終的に特に高品質な3種類を福島1〜3号として初めての県オリジナル品種に選抜した。

 県は名称を公募し、鮮やかな黄色の3号をキビタンイエローと決定した。白地で縁が薄ピンクの1号は「はにかみ」、クリーム色の2号は「ミルキームーン」と名付けた。

 新品種は23年ごろから市場に出回る見通し。県産カラーのシェアは高く、東京都中央卸売市場の取扱量(20年)は全国2位。キビタンイエローは市場調査で関係者全員が取り扱いに前向きだったといい、県農業振興課は「高級路線で普及させたい」と意気込む。

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る