「キビタンイエロー」鮮やかに 福島県産カラーの切り花新品種、名称決定

 福島県は15日、切り花として人気のあるカラーの新品種を県農業総合センター(福島県郡山市)で開発し、名称を「キビタンイエロー」と決めたと発表した。県のマスコットキャラクター「キビタン」をほうふつとさせる鮮やかな黄色が特長で、県は婚礼用や贈答用の需要が高いと見込む。

 県は2004年に新品種の開発を始め…

残り 292文字

このコンテンツは有料です。申し込むと続きをお読みいただけます。

有料プランご契約で
すべてのコンテンツが読み放題‼
今すぐ申し込む

関連リンク

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

最新写真特集

ライブカメラ